2017.10.  123456789101112131415161718192021222324252627282930  2017.12.



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




         

--.--.-- -- --:--
良い所・悪い所・・Part2
昨日の続きを・・

今日はお風呂を出てサニタリーから廊下を通ってダイニングへ

CIMG2305.jpg

お風呂のドア・・今度のおうちは折り戸なんですが・・
このドアとどっちがいいんだろう??
折り戸だと汚れやすいのかなぁ??

さて・・お風呂を出たらサニタリー
(洗面脱衣所)
普通に洗濯機があって洗面台があります・・
ほんと!!普通なんです・・・
洗面台も選べたのは色だけ・・
白と黄色とピンクだったかな・・・
ここも何のこだわりも無くそのままの物を付けました・・

CIMG2310.jpg

別に不満はありませんが、気に入ってもいません・・・
今度のおうちも同じような洗面台になります・・
ホントはもっとオシャレなスクエア型の洗面台を付けたかったんですが・・
予算上無理って事で・・・諦めました・・・

そして・・今のおうちの良い所・・
洗面台の奥に見える扉・・・サニタリー収納です。
タオルや着替え等沢山収納できます。

これは今度のおうちにも是非にって思ってたのですが・・
場所が取れず断念・・・
その代わり、サニタリーから隣にある洋室のWICへ行ける様に扉を追加してもらいました。
湿気の事を考えるとここの扉はあまりよろしく無いかもしれないけど・・
クローゼットの壁をエコカラットにすることで
対処できると思います。たぶん・・・
これで、サニタリー収納を兼ねたWICが出来ました。

で!!今のおうちの悪い所・・

CIMG2309.jpg

サニタリー収納の前の扉・・
ドライブース(洗濯乾燥室)です。
これも、元から付いてた物で・・
いらないと言えば取れたのですが・・・浴室乾燥を取った為に
乾燥室は必要かなぁって思ってしまって・・・
でも!!ここに住んで5年半・・使用したのは1.2回・・
今は物置と化しております・・・
無駄なスペースになってしまった・・・

サニタリーを出ると玄関からダイニングへの廊下
ここにも収納が沢山ありまして・・

CIMG2311.jpg

手前は半軒のコートクローク。
私の制服やワンピース・コート・・
普段着る洋服は殆どここに入ってます。
奥は1軒の収納
ここには中段が入ってまして
お客さん用のお布団やコタツ布団なんかも収納してます。

進んでいくと・・ダイニング・・

CIMG2312.jpg

で・・ここが問題・・・

今は引戸が開いてるから明るいんですが・・
これを閉めると・・・

CIMG2313.jpg

分かり易いように少し開けてますが・・
締め切ってしまうと真っ暗です・・・

リビングドアはガラス入りだったんですが・・
それは1っ箇所のみ!!うちは2箇所から入れるようにした為
どちらか1つはガラスなしになってしまったんです・・・

ガラス入りにしたドアは・・
玄関入ってすぐのドア・・

玄関ホールの電気を付けた状態↓

CIMG2318.jpg

玄関ホールの電気を消した状態↓

CIMG2317.jpg


明るいね!!やっぱり・・
ケチらず両方ガラス入りにするべきだったね!!

っと言う事で・・
今度のおうちもオプションになりますがガラス入りにする予定!!
もし予算上無理そうなら・・諦めないと仕方ないのですが・・

ほんとは、ドアではなくその横の壁部分に
ステンドグラスやガラスブロックをはめ込んで貰いたかったのですが・・
壁にガラスブロック1つ入れるだけで諭吉さんが1枚から2枚程かかるそうな・・・
はっきりした金額を聞いてないので分かりませんが・・
それならドアをガラス入りにした方が安くつきそうですね・・

って..言うか・・
考えてても、答えが出ないので・・
早く設備仕様の打ち合わせをしないと!!
妄想ばかり膨らんでしまいます・・


次はダイニングからキッチンへ・・

新しいおうちの紹介が出来るのはいつのなるのやら・・





         

2010.10.06 Wed 14:14
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET  管理者だけに表示する

TRACKBACK URL

゚*。:゚:。*゚*。:゚:。*゚
゚*。:゚:。*゚*。:゚:。*゚
わんこママです。
二十歳の娘と
3匹のダックスに囲まれて
とっても幸せ&お気楽な 生活を送ってます(。´艸`)
カウンター
記事
コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
☆☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。